生命保険加入時の告知について

###Site Name###

生命保険を結ぶに当たり加入者は保険会社に対して、病歴や健康状態などの重要な事項について事実を告げなくてはなりません。


この告知義務に違反すると保険金の支払いはありません。
告知の方法は、医師の健康診断を受けない契約の場合には、告知書に記載することで行います。
また医師の健康診断を受けつ契約の場合には、医師が告知書に基づき質問した事項に答えるという方法で行われます。


告知義務違反とは、重要な事項について嘘を告げたり、自分で意識的に黙っていたり、嘘をついたり、または少し注意をすれば分かるようなことに対して間違ったことを告げることです。

告知義務に違反すると保険会社は契約を2年間に限り解除することができますが、もっと長期にわたることを定める保険約款もあります。

保険契約の解除とは、契約が初めからなかったものにすることです。


また、告知義務に違反したからといって、すべての場合に解除できるわけではなく、解除には要件があります。

その要件とは、告知義務者に悪意または重過失あることが必要です。


一方で、保険会社の解除権が消滅するケースがあります。それは、契約をしてから2年を超えてその契約が継続した場合と、保険会社が告知義務違反で解除できることを知った日から1ヶ月以内に解除しなかったときです。
告知義務違反の重要な事項とは、契約を結ぶ際に将来の危険度を判断するような事項のことです。

具体的には加入者の年齢や職業、及び最近の健康状態です。最近の健康状態とは、具体的には、過去5年以内の既往症や身体の傷害などです。
例えば、加入する際に、年齢を若く偽って申告したのを訂正したい時は、申告した年齢が契約年齢の限界を過ぎているような場合は訂正できません。

また契約年齢の範囲内であれば、実際の年齢により訂正された金額との差額を支払うことによって契約は有効となります。また職業の種類については、命に関する危険測定に無関係な職業については重要な事項に該当しません。

http://www.city.himeji.lg.jp/s50/2212923.html
http://www.fnlia.gr.jp/
http://www.rousai-ric.or.jp/

神奈川の社労士を情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

法人保険にアクセスしてください。

基本情報も充実した横浜にいる社会保険労務士情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。

神奈川周辺の社会保険労務士に関する情報を紹介するサイトです。

横浜の社会保険労務士の情報を掲載しています。

PAGE TOP