バナー

リフォームと法律との関係

リフォームといえば古くなった仕上げ材や設備機器を交換し新しい住環境を実現するのが目的ですが、見落とされやすいことに法律との関係があります。

改修工事として仕上げ材を交換するだけでも、建物に関しては建築基準法の適用を受けるのが基本となります。

千葉のフロアコーティングが勢いに乗っています。

建築基準法は建物に必要な最低限の基準を定めている法律となりますが、最低限とはいえ基準を満たさなければ建築できない性質を持っています。



新築だけではなく法律の指定がある場合にはリフォームでも建築基準法の基準を満たす必要がありますので、設計事務所や建築士のいる施工業者に工事を依頼することが大切です。

リフォームに関わる法律には様々な内容がありますが、注意点としては既存不適格建築物があります。
既存不適格建築物とは現状では違法建築物となりますが、法律の施行前に建てられたために緩和規定や猶予期間が定められた建物となります。



規定以上の増築を伴う場合や、新築時に基準に適合させれば良いため、そのまま立地している分には問題がない建物となります。


スケルトンリフォームの役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

増築を伴う場合には建ぺい率や容積率への適合が求められますし、防火規定がある場合には仕上げ材の交換でも法律の基準を満たす必要があります。



わかりやすく言えば建築確認が必要な建物は、既存不適格建築物であっても基準を満たさなければならないのです。

リフォームでも法律との適合性が求められる場合がありますので、建築に精通した業者に依頼することが大切なのです。

http://www.coop-sapporo.or.jp/shop/detail/id/45
https://www.youtube.com/watch?v=aWagGiajysk
http://www.cjcoop.or.jp/souzou/setsubi.html